ムクナ豆で健康になりたい方はご覧ください

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ムクナ豆の利用方法

ムクナ豆は、「ドーパミンの豆」と呼ばれるくらいに直接的にドーパミンと関係しているのでドーパミンの不足に悩む人にはうってつけの食品です。しかし、ムクナ豆は一般に販売されている豆類と少し違うところがあるので注意が必要です。ムクナ豆にはいろいろな種類がありますが、認知度が低く国内ではほとんど栽培されず流通もしていないので信頼のおけるところから間違いないムクナ・プルリエンスを入手することです。

 

キッチン

ムクナ豆はアクがあるので必ず調理して食べること。生で食べることは絶対にしない。

 

次に食べ方ですが、生豆を調理する場合はアクが強いのでしっかりとアク抜きをしましょう。ただ、アク抜きをしすぎると肝心なLドーパをすべて失ってしまうのでその兼ね合いが難しいです。未熟なものを枝豆のように食べる場合もありますが、その場合もアクに気を付けましょう。決して生で食べてはいけません。胃腸を刺激することがあります。

 

食用に加工してあるものでも、Lドーパの薬を服用している人は体調を見ながら分量を調整して食べましょう。気になる人は医師と相談することが大切です。
聴診器

Lドーパの薬を飲んでいる人はお医者さんに相談しましょう。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗