ムクナ豆で健康になりたい方はご覧ください

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

ムクナ豆とは

シーラカンス

ムクナはヒマラヤの南斜面ネパール辺りが原産地とされるとても古いタイプの植物です。言ってみれば「植物界のシーラカンス」で、セコイヤやイチョウと同じで気が遠くなる時間を生き残った植物です。長く厳しい時を越えて生き残ってこられたのは理由があり、それはムクナが持つ「他感作用」(アレロパシー:Allelopathy)であると言われています。

 

ムクナは、シーラカンスと同じような古代の生き残り植物

 

アーユルヴェーダ研究者によれば、ムクナ豆に含まれるLドーパは血中のテストステロンを増やす効果があり、しかもドーパミンの材料になる成分なので精力増強剤として最適ということです。また、今でこそパーキンソン病という名前がありその特効薬としてLドーパの薬が使われていますが、アーユルヴェーダの時代からパーキンソン病の症状は知られていてその治療に天然のLドーパを含むムクナ豆が利用されていたということですから驚きです。

 

ムクナの種類はたくさんありますが、その豆が食用に適するのはムクナ・プルリエンス(mucuna pruriens)です。日本へは東南アジアから台湾を経由して伝わったそうで、日本で品種改良されたものは八升豆と呼ばれています。その名前の由来は、一粒で八升も収穫出来るからとも、八丈島から伝わったのでハチジョウマメがなまってハッショウマメになったとも言われています。

 

いろいろ調べると、様々な条件が整うと相当量が見込めますが、それでも「一粒で八升」は無理がありそうです。江戸時代までは西日本を中心に栽培されていましたが、すたれてしまい今はほとんど栽培されていません。その理由として考えられるのが、豆がとても硬くて調理に時間と手間がかかることです。今の時代でも圧力鍋を使った方がいいくらいなので、余分な燃料を使えない昔のことですからすたれてしまうのもうなずけます。

 

ムクナ豆は元来熱帯の植物ですので夏に大きく成長します。種類により差がありますが、つるの長さは3m〜4m以上になります。他の豆類とは比較にならない成長力があり数本あれば大きな緑の塊になります。当然、周囲は陽当たりが悪くなり何にでも巻きつきますので狭い場所での栽培には要注意です。

 

また、収穫まではたっぷり半年以上かかりますのでそれまでの間相当の面積を占領されることも覚悟しないとなりません。

 

ムクナは気候が温暖であれば土地を選ばず成長して十分な収穫もあり、その葉やつるなどはそのまま緑肥としても利用できます。また地面に直接這わせることで土地の保全にもなるので近年になって持続可能な農業の観点から中米、南米やアフリカでも栽培され有効利用されています。

 

また、痩せた土地でも収穫が可能で大豆に次ぐ程の高い栄養価があるので発展途上国の食糧としても有望視されています。

 

*「他感作用」(アレロパシー(Allelopathy))とは、「植物が何らかの化学物質を放出して、まわりの植物の成長を妨げ(あるいは促進し)たり、動物や微生物が寄りつきにくくしたり、引き寄せたりする」現象です。アレロパシーは、弱い植物、成長が遅い植物、古い植物、絶滅危惧種の生き残り手段であると説明されています。なお、ムクナの持つアレロパシー物質は、Lドーパであることが証明されています。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗